大判プリンターをもっと知ろう! TOPコンテンツ一覧 >リースの場合は保守料などもチェックしましょう

リースの場合は保守料などもチェックしましょう

大判プリンターは本体価格も高価なものが多いため、多くの企業ではリースを選択するところが多く見られます。
リース料が経費で処理できるなどのメリットもありますから、リースはいいのかもしれませんね。

そこで、大判プリンターをリース契約するときに確認してほしいことがあります。
それは契約期間や保守料やメンテナンスの有無・用紙やインク料の確認です。

リースの場合は、途中解約ができないというのが一番の特徴です。
契約メーカーによって契約期間はいろいろですが、一番多いのは5年程度。
この5年間は必ず使い続けなくてはいけないという契約になっています。
途中で「もう使わないから解約したい」と思ったら、違約金が発生する場合がありますから注意が必要です。

そして保守料の確認です。
だいたいのリース会社は定期的にメンテナンスをしてくれます。
そのときのメンテナンス費や修理などの場合の費用を確認しておきましょう。
中にはリース費の中にメンテナンスや修理費が含まれていることがあります。
よく確認しておきましょう。

そして印刷するために必要な紙代・インク代の確認です。
契約するリース会社によっては、その会社で紙とインクを注文すると激安価格で購入できる場合があります。
消耗品なので購入費がけっこうかかるものですから、そこで購入するといくらかかるのか?確認しておくといいでしょう。

リース会社選びをするときは、言ってしまえば上のことを比較するといいということですね。
できるだけメンテナンスが充実していてランニングコスト代もかからない。
リースでもここまで確認しておきましょう。

    運営者のお薦め情報

  • 定額料金で固定電話への通話料金が無料となるおとくラインを考えているなら、本社、支店間の連絡が多い場合や、取引先が導入している場合にコスト削減になるのでオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 大判プリンターをもっと知ろう! All Rights Reserved.