大判プリンターをもっと知ろう! TOP > コンテンツ一覧 > 大判プリンターは購入?リース?どっちがいいの?

大判プリンターは購入?リース?どっちがいいの?

大判プリンターをオフィスや学校などに導入することを検討している方もいると思います。
そこで迷うのが購入かリースか?というところです。
どちらで導入するのがいいのか、気になりませんか?

まず多くの企業ではリースを選択する方が多いようです。
なぜかというと、リースの場合はリース料を経費で処理することができるからです。
購入の場合は、購入費が高く初期費用が高いデメリットがあります。
しかしリースの場合は初期費用も安く済むことがありますし、経費で処理できるというメリットがあります。
この点を比較して、多くの企業では大判プリンターもリースで導入することが多いようですね。

だからといって、購入ばかりにデメリットがあるわけではありません。
購入もリースもメリット・デメリットを知っておきましょう。

購入の場合は、初期費用がかかりますが自社所有の物となります。
リース料を支払っていくのと比較すると、最終的には購入の方が安くすむこともあります。
リースの場合は、途中解約ができないことがデメリットでしょう。
だいたい5年と契約期間が決まっているので、途中で解約することができません。

どちらもメリット・デメリットがありますから、自社のニーズに合った方法で導入するのがいいでしょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 大判プリンターをもっと知ろう! All Rights Reserved.